業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

正しい不動産投資の方法とは?

還暦を迎える少し前に、90歳を直前にしていた父が亡くなりました。
母は認知症のため何年も前から施設に入っていて、父の遺産は実質私が全部相続することになりました。
実家の建物は古くて価値はほとんどありませんが、広い土地があるので、それを売れば父が亡くなっても今後母にかかるお金は十分に工面できるし、残っている住宅ローンも完済できると思っていました。
しかし、父にはその他にも複数の不動産があったことを、父が残していた遺書を見て知り、知り合いの不動産会社に実家を含めてそれらの価値を試算してもらうと、予想以上の金額になり、多額な相続税も納めることになりましたが、不動産会社からの勧めもあって、そのお金でマンション経営をはじめることにしました。
資金には余裕があるので、間違っても失敗しないように、全て不動産会社のアドバイスにしたがって計画を進めていこうと考えていましたが、副業で前から不動産投資をしている会社の上司にそのことを話すと、確かにプロに任せることには賛成だけれども、丸投げすると大きな利益は得られなくなると言われてしまいました。
とは言っても私には不動産投資の知識が全くなくて、どうしていいか悩んで計画をストップしている状態ですが、どうするのがベストなのかアドバイスをよろしくお願いします。


回答

努力次第で利益を増やすことができます。


確かに不動産会社に全てを丸投げしまうと、個人の不動産投資家のような大きな利益を得ることは難しくなります。
ただし、何の知識もない状態で、大儲けをしている投資家の真似をしても、失敗して財産を失うリスクも高くなるのも事実です。
個人の投資家が大きな利益を得られているのは、大きなリスクも背負っているからであって、そのリスクを最小限に抑えるために、時間と労力を費やしているのです。
何の努力もしないでリスクもなく不動産投資を成功させるには、やはり不動産投資のプロの力を借りる方が良く、そうすれば様々な業者が介入してその分利益は少なくなってしまいます。
不動産投資の正しいやり方を明言できませんが、自分の努力次第でリスクも減らして利益を増やすことは可能です。
例えばマンションの建設は自分で業者を探して建築費用を抑えるとか、管理を丸投げしないでできる範囲で行うとか、マンション経営についての知識を身に付けることで、自分にできることもたくさん見つけることができます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク