業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

不動産屋さんを探す時のポイントはありますか?

子供が小学校に入る前に引っ越しを考えています。まだ1年半ほどありますので、慌てず良く見定めながら中古物件、新築問わず、家を探したいと考えています。子供の小学校選びにあたり、希望する学区があり、その学区内でみつけたいというのが外せない条件です。かなりエリアが特化した家探しで扱っている不動産屋さんをどのように探せばよいかと悩んでいます。
そのエリアに強く、取扱いが多いところはどのように見つけられるでしょう?
仲介手数料無料なんて書いてある不動産屋さんは信用していいのでしょうか?また、学区内を回っていて理想的なマンションがあったのですが、不動産屋さんにそこに空きがあるか調べてもらうことは可能なのでしょうか?

回答

派手な広告、看板、安さを前面に打ち出した不動産屋には気を付けましょう


不動産屋選びにおいて、派手な広告や安さを前面に打ち出したキャッチコピーを挙げている所はお勧めできません。誇大広告により、根拠が定義できないものを使うのは違法行為です。「優良物件です」「特売物件」といった言葉はNGワードとされています。「仲介手数料無料」と宣言している不動産屋を見ることは少なくありません。しかし、これは割引きしているわけではないのです。これは大家さん側から広告料が出る場合の物件なのです。人気のない物件などに付けられることが多く、不動産屋にとっては仲介料を無料にしても広告料でカバー出来る仕組みです。広告料がついた物件しか紹介しないため、お客様にとっては選択肢が狭くなります。重要なのは、お客様が満足する物件を提供することであり、その物件がたまたま広告料が付いた物件で、手数料無料であればお客様にメリットがあります。
家探しは人生の上で最も大きい買い物と言っても過言ではありませんので、総合的な視点が必要です。また、希望するエリアが明確な場合、そのエリアにある不動産屋は地域に密着しており、大家と長い付き合いがあることもしばしば。大家の特長を理解している分、金額交渉がしやすくなる可能性があります。また、通常表に出ていない物件を紹介してくれることがあり、その地域における繋がりから来るメリットと言えるでしょう。一般的に売りに出されていたり、入居者募集の物件はレインズと呼ばれるデーターベースにて、登録している仲介業者が閲覧でき、お客様へ紹介出来る仕組みとなっています。気になる物件があれば不動産屋に問い合わせて、詳細を確認されるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク