業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

不動産取引で仲介手数料は安くできるの?

仲介手数料は不動産会社の収入になることは理解しているのですが、ただ家を買う人を探してもらうだけで、何百万円ものお金を取られてしまうことにどうしても納得がいきません。
実は先日親から相続した別荘を売却しようと、別荘がある地元の不動産会社に売却を依頼したら、数日で買い手が見つかったという連絡を受けて、希望通りの金額で満足したのですが、金額も大きなせいもありますが、不動産会社からかなり高額な仲介手数料がかかることを聞いて、何で簡単に買い手が見つかったのに、そんな大金を支払わなければいけないの?と思ってしまい腹が立って、こんなに早く買い手が見つかるのであれば、もっと仲介手数料を安くしてもらえる不動産会社を見つけられるのでは?と思った次第です。
仲介手数料の仕組みは良く分からないので質問させていただきますが、不動産取引で仲介手数料を安くすることは可能なのでしょうか?


回答

仲介手数料は無料にもできます。


仲介手数料は法律で上限額が決まっていて、200万円以下の部分には5%、200万円超400万円以下の部分には4%、400万円を超える部分には3%と、料率は3段階に分かれています。
話がややこしくなるので、400万円以下の不動産取引の仲介手数料の計算方法に関しては省かせていただきますが、今回もそうだと思いますが、家や土地の売買では、取引価格が400万円を超えるケースがほとんどなので、仲介手数料の上限は「売買価格×3%+6万円」で計算できます。
これに消費税がかかりますが、例えば3,000万円の家を売るときには、3,000万円×3%+6万円=96万円(+税)の仲介手数料がかかることになります。
ただし、これはあくまでも仲介手数料の上限額で、不動産会社によっては仲介手数料を半額や、場合によっては0円にしてくれる場合もあります。
なぜなら、不動産会社は売主からの仲介手数料を安くしても、買い手も仲介する場合は、両方から手数料を受け取ることができるからです。
さらに、不動産会社を通さなければ、当然仲介手数料は発生しません。
もちろん、個人で不動産の買い手を見つけることは難しいので、それはよっぽどの場合を除いて実現させられませんが、仲介手数料を値引きしてくれる不動産会社を探すことはそれほど難しいことではありません。
もしも本当に買い手が簡単に見つかる物件であれば、別の不動産会社に事情を話せば、意外に簡単に値引きに応じてくれる可能性は高いです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク